« 「平成24年度同時改定に向けて」(日本理学療法士協会ニュース№272より) | トップページ | 第83回社会保障審議会介護給付費分科会資料 »

2011年9月30日 (金)

「社会保障審議会・介護給付費分科会でのプレゼンテーションが実現」(日本作業療法士協会ニュース№355より)

平成23年7月28日、第77回社会保障審議会介護給付費分科会において社団法人日本作業療法士協会中村会長が意見陳述人として招聘されプレゼンテーションを行いました。

内容は通所リハビリテーションにおける「生活課題を目標とした取り組み」(平成22年度老人保健健康増進等事業:包括マネジメントを活用した総合サービスモデルのあり方研究事業「人は作業をすることで元気になれる」に基づく)についてと「介護職との連携」の2点です。

詳細は「厚労省」第77回社会保障審議会介護給付費分科会資料参照

http//www.mhlw.go.jp/stf/shing/2r9852000001kpu0.html

« 「平成24年度同時改定に向けて」(日本理学療法士協会ニュース№272より) | トップページ | 第83回社会保障審議会介護給付費分科会資料 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。